体調管理に大切なこと

看護師が激務といわれるのは、夜勤などがあって生活が不規則になるからです。そもそも人の身体は、体内時計に合わせて生活するよう調整されており、朝は太陽光を浴びながら起床し、周囲が暗くなる夜に眠ることが自然となっています。しかし、夜勤があると通常とは違う時間帯に活動し、まだ周りが明るいうちに眠ることになります。
精神的にも肉体的にも負担が大きい夜勤明けは、特に質のいい睡眠が必要になりますが、なかなか寝付けない、眠りが浅いといった状態が続くと体力も消耗してしまいかねません。そこで、忙しい看護師の体調管理のコツとして挙げられるのが、十分な睡眠と食事です。

太陽光は、身体や頭を覚醒させる効果があるとされているため、夜勤明けで自宅に帰る際はなるべく太陽光を浴びることを避け、帰宅後は部屋をカーテンなどで光が差し込まない暗い環境に整えて、短時間お昼寝をしましょう。また、夜も普段通りに眠り、翌朝は早めに起床して太陽光を浴びることで、体内時計がリセットされます。
そして、夜勤明けは疲れて食欲がない、食事をするのも面倒臭いと適当に済ませる人もいますが、体内時計を戻すためにもなるべく同じ時間帯に食事をすることが好ましいです。インスタントや惣菜ばかりに頼ると栄養が偏るため、時間があるときに作り置きをしてバランスのいい食事を心がけましょう。ナッツ類やドライフルーツは食べやすくミネラルも豊富なので、職場のおやつとして常備しておくと重宝します。なお、こちらのサイト=http://beauty-school.biz=によると、食事に気を付けると体調だけではなく、美容への効果も期待できるそうなので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。